当会顧問で帯広畜産大名誉教授 栁川 久先生の新著「北の大地に輝く命」

EPSON MFP image

EPSON MFP image

当会の創設以来顧問をお引き受けいただき、様々ご指導賜っている帯広畜産大の栁川先生の
新著「北の大地に輝く命」が発刊された。
先生はロードキルに関するご権威で,昨年も「野生動物のロードキル」の監修・執筆をされている。
新著は、最初は道内における傷病鳥獣の救護から始まり、これまでの様々なロードキル対策、
ロードエコロジー対策の取り組みが記載されており、特に道内のロードキル個体の収集やデータ
分析なども大いに参考になる。様々な野生動物の通り道、可愛いエゾモモンガの生態帯広市内の
エゾリスとの共生などについても、野良猫などの天敵の少なさなどその要因についても興味深く、
国内各地でも野生動物との共生やロードキル対策などに大いに参考になる一冊である。是非
お読みください。
また、送られてきた贈呈本には下記のロードキルワッペンが同封されていて、車に磁石
で付けられる。アニマルパスウェイの設置もこのロードキル対策のためでもあり、是非
道路管理者の皆さん、運転者の皆さん、そして道路をサプライチェーンとして必ず利用して
いる企業の皆様にも関心を持っていただければと思います。

アニマルパスウェイの始まりはヤマネの保全対策が目的でした。(CFへの協力のお願い)


5月清里で冬眠から覚めたニホンヤマネ(湊秋作撮影)

逆さ歩きするニホンヤマネ(湊秋作撮影)

2004年にアニマルパスウェイ研究会をニホンヤマネ保護研究グループと建設業2社が開始
しました。道路の開発による森の分断などによりヤマネやリスが渡れなくなり、
伴侶や餌を得ることが困難になり、時にはロードキルによる影響を受けることを避ける
ための対策として低廉で安全なアニマルパスウェイの開発・普及に着手したことによります。
それ以来20年余、国内外で十数基のアニマルパスウェイの設置を支援して参りました。

今回はその原点ともいうべき、森の中間種で天然記念物でもあり、自治体のレッドデータでは
39都府県でリストに上がっているがまだまだ生態が不明な部分の多い、ニホンヤマネに関する
調査研究に尽力している、当会会長の湊秋作が主催する「ヤマネ・いきもの研究所」の資金
調達を支援したいと思います。具体的なアニマルパスウェイの提案や設置場所選定などに伴う
調査研究も各地で精力的に行っておりますが、本年度は資金不足によりかなり厳しいのが現実
です。そこで、下記の通り5月13日より6月30日までの間クラウドファンディングを実施します。
是非皆様にはご支援賜りたく、何卒よろしくご協力のほどお願い申し上げます。
Readyfor クラウドファンディングのURLはこちら

詳細についてははこちら
のpdfをご覧ください。

ApWA 事務局

5月8日 湊会長が令和6年度 「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰受賞

当会の湊秋作会長は令和6年度の「みどりの日」自然環境功労者に選ばれ、4月8日に環境省にて
環境大臣表彰を受けられました。心よりお祝い申し上げたいと思います。
これも皆様のご支援によるアニマルパスウェイの開発普及活動の成果にもよるものです。
こちらに表彰者リストが掲載されています。10番目に湊会長が掲載されています。

写真は林ゆきのぶ氏撮影
                                      ApWA 事務局

【予告】ヤマネ・いきもの研究所がクラウドファンディングまもなく開始!

支援募集まもなく開始!ヤマネの棲む森を守ろう

5月13日(月)からヤマネ・いきもの研究所は、天然記念物のヤマネおよび、いきものたちを研究し、守るための活動において、その資金の一部をクラウドファンディングで募ることを決めました。

開発により森が分断され、刻一刻とヤマネの棲む森は失われつつあります。

ヤマネやいきもの達の暮らしを守り、豊かな未来へ繋いでいくべく、

皆様からの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

▼詳細・ご支援方法は5月13日(月)12時以降下記からご覧いただけます。
【森の宝「ヤマネ」を守る。いきもの達が棲む豊かな未来をみんなで作ろう】
第一目標金額:300万円
支援募集期間:5月13日(月)12時〜6月30日(日)23時

生きものとなかよし はじめての飼育・観察(全8巻):小宮 輝之氏監修 ポプラ

生きものとなかよし はじめての飼育・観察(全8巻):小宮 輝之氏監修   ポプラ社
一昨年のクラウドファンディングで応援メッセージを頂き、昨年はご講演頂いた元上野動物園園長で現在日本鳥類保護連盟会長、
DWI理事の小宮 輝之先生が監修された絵本生きものとなかよし はじめての飼育・観察(全8巻)」がポプラ社から発刊されました
当会の湊会長からもご推薦があり、お子さんに読んでいただきたい絵本です。⇒こちら