第51回岩手読書感想文コンクール課題図書

第51回岩手読書感想文コンクールの小学校高学年の
課題図書に「動物たちを救うアニマルパスウェイ」が選定され、昨年12月に入賞者が発表されました。
最優秀賞はじめ感動する感想文で、当事者として
は大変うれしい次第です。
入賞者⇒こちら

3月2日 ヤマネ研究30周年成果発表会(キープやまねミュージアム)

3月2日に清里の八ヶ岳ふれあいセンターにて、キープ協会やまねミュージアムでのやまね研究30周年の成果発表会が開催され、多くの参加者が全国から集まり大盛会でした。当会からも数名が参加されました内容は下記の通りで、ヤマネ研究についてわかりやすく全体像が解説されました。なお、朝日新聞などで報道されました。(写真は当会矢竹さん撮影)

第1部 やまね研究30年の研究成果報告

  1. ヤマネが休む場所はどこ? 清泉寮やまねミュージアム 主任 饗場 葉留香
  2. 森とヤマネの関係は?:長野県林業総合センター 林業専門技術員 小山 泰弘
  3. ヤマネの遺伝子を調べてみたら:東京都医学総合研究所 主任研究員 安田 俊平
  4. ニホンヤマネ ~その眠りの生理生態学~:宮崎大学フロンティア科学実験総合センタープロジェクト研究員 森田 哲夫
  5. ヤマネを研究して30年、そこから見えたこと:清泉寮やまねミュージアム 館長 湊 秋作

第2部 感謝の集い

~やまね研究でつながる人たち~ゲストトーク:写真家 西村 豊

センター入口の案内

湊館長の挨拶

湊館長(当会会長)

饗場氏(当会会員)

小山氏

安田氏

安田氏による遺伝子解説

湊会長のヤマネ研究45年のお話し

ヤマネの写真で著名な西村豊氏

北杜市に絵本小冊子を今年も寄贈

 

左から渡辺北杜市長、大竹代表理事、湊会長

2月13日に湊会長と代表理事が北杜市役所を訪問、「ヤマネのマルくん南の森へ」を教育用に400部寄贈しました。既に5年ほどになると思います。小学5年生などに渡して頂けることになっており、今後も続けられればと思います。写真は八ヶ岳ジャーナル提供です。3月1日の同紙に記事が掲載されました。