第7回通常総会ならびにアニマルパスウェイ研究会開催しました

総会の議長を務める湊会長

アニマルパスウェイ研究会・情報交換会

ゲストスピーカーのWWF-J草刈 秀紀氏

生物多様性の主流化とSDGsについてお話しいただいた

富士山のロードキル解析について
(園田さんによる説明)

ニホンリスのロードキル発生の多い地点

6月25日 大成建設の会議室をお借りして第7回通常総会ならびにアニマルパスウェイ研究会・情報交換会を開催しました。
26名が参加し、通常総会は湊会長を議長として、昨年度の報告・決算について
および今年度の計画・予算・役員について説明があり承認されました。
特に当会の基盤強化について岩本理事より説明があり、本年度計画として認められました。
引き続きアニマルパスウェイ研究会・情報交換会が開催され、
WWF-Jの草刈さんによる「生物多様性の主流化とSDGs」のお話を頂き、アニマルパスウェイの
活動の位置づけなどに非常に役立つ議論をさせていただきました。
また湊会長の執筆本「ニホンヤマネ」の発刊(6月26日)についてご紹介があり、
さらに園田さんより富士山のロードキルでーたの簡易的な解析結果の報告があり、
ロードキルの発生の多い地域が特定され、今後の提案に役立つ内容でした。