アニマルパスウェイと野生生物の会 | Animal-pathway & Wildlife Association

投稿日時: 投稿者:

森が分断されると森に棲む動物が行き来できなくなったり、 車に轢かれるロードキルにより動物の命や遺伝子が危うくなります。アニマルパスウェイは、道路や鉄道線路などで分断された森を結ぶ道路上の樹上性動物の通り道(歩道橋)です。一般社団法人アニマルパスウェイと野生生物の会(Animal-pathway & Wildlife Association)は、アニマルパスウェイの設置普及により、広く森林の生物多様性保全の重要性を啓発・教育しています。

注目ニュース

巣箱づくりとアニマルパスウェイ

3月17日 清里は真っ青な空に、八ヶ岳が映え、南には富士山がくっきり浮かんでいました。 毎年恒例の企業グループのやまね巣 →続きを読む

コメントなし

2月26日 アニマルパスウェイ情報交換会

関西学院大学丸の内キャンパスにて、24名が集まりアニマルパスウェイ情報交換会を開催 致しました。湊会長によるアニマルパス →続きを読む

コメントなし

2月23日 第17回野生生物と交通研究発表会にて発表

2月23日 札幌市教育文化会館にて第17回野生生物と交通研究発表会が開催されました。 本会は一般社団法人北海道開発技術セ →続きを読む

コメントなし

シンポジウム報告書

2016年11月22日 第2回 広げよう『野生動物の歩道橋』 ~コリドーで繋ぐ森と命~のシンポジウムと意見交換会の報告書をまとめました。報告書(PDF)のダウンロード

毎日わたしたちが使っている道
わたしたちにはたいへん便利なのですが
困っている生き物たちがいることも知ってくださいアニマルパスウェイと野生生物の会 アニメ―ション