名古屋のアニマルパスウェイ

イメージ

守山区志段味~水野線(市道)のアニマルパスウェイ

建設後5年経過のアニマルパスウェイ

東山動植物園の小鳥とリスの森の中に設置されているアニマルパスウェイ

 

リスのアニマルパスウェイのプレートが表示されている

 

6月29日 雨の中、会員の中田さんに高蔵寺の駅まで車で迎いに来ていただき、久しぶりに東谷山のフルーツパークを目指した。まだフルーツパーク付近の道路拡張工事は継続されていたが、道路が広くなったためか、交通量は増えているように感じた。アニマルパスウェイは愛知用水を越えた地点
に設置されており、支柱頂部はつる植物が多く、野生動物が行き着く導入路の役割はなすのではないかと感じた。その後市役所の緑政土木局のご担当者にお話を伺い、モニタリングも実施されその結果をお聴きした。残念ながら短期間でもありニホンリスが利用したという証左は得られなかったが、周辺での食痕は得られているようで、ムササビの痕跡もある。今後のモニタリングによる検証が望まれる。また東山動植物園へも短時間であったが、アニマルパスウェイを視察するために汗びっしょりになりながら小鳥とリスの森に急いだ。大きなケージの中に国内の野鳥とニホンリスが放し飼いになっているようで、アカハラやウグイスなどの小鳥が観察できたが、ニホンリスは巣に戻っているようで残念ながら利用状況は見られなかった。アニマルパスウェイの構造は同じで、アングルの部分はワイヤーで吊り下げ構造になっているようであった。ケージの中なので風の影響はないためと思える。
同じ市の部局所管とのことで、志段味のアニマルパスウェイも掲示され、紹介されていた。是非連携されて公道上の利用についてもモニタリング等お願いできると新しい知見が得られるかもしれない。

道路生態研究会通常総会、研究発表会に出席しました。

現在、日本国内で道路と生態系の関係を研究する会として。当会が事務局をしているアニマルパスウェイ研究会のほかに、北海道の道路と野生生物について研究する「ロードエコロジー研究会」と
当社も団体会員である「道路生態研究会」があります。
本会の第4回の通常総会が6月9日(土曜日)に高速道路調査会で開催され、50名程度の会員が集まり
ました。議長は会長の亀山先生(日本自然保護協議会理事長)が務められ、昨年の報告がなされ本年度の計画が承認されました。本年度は清里にアニマルパスウェイ関係の施設視察も秋に実施予定と
なり、当会と連携して対応していくことになります。なお、その後の研究発表会ではドイツの方で日本語ペラペラのルプレヒト クリストフ氏の「非公式緑地」および日本造園学会のミニフォーラムについて園田さんから発表があり、その後昨年に引き続き盛岡北道路のこの1年半ののニホンリスの利用状況を当会会員の香川さんが発表され、つがいのリスの利用動画なども拝見できました。また同じく野呂さんが「シカ侵入防止施設への雪の影響」について発表されました。その他の3件の発表も興味深いものでした。

盛岡北道路のリスの利用状況の分析結果を発表する香川氏

シカの侵入防止施設の雪の影響について講演する野呂氏

 

2月23日 第17回野生生物と交通研究発表会にて発表

2月23日 札幌市教育文化会館にて第17回野生生物と交通研究発表会が開催されました。
本会は一般社団法人北海道開発技術センター(DEC)により2002年から毎年開催されており、
数年前からアニマルパスウェイ研究会と当会が共催させていただいております。
なお、当会関連での発表は口頭発表2件、展示発表1件でした。
北海道の方はやはりアニマルパスウェイへの積雪、つららの問題を気にされており、当会の
当初の懸念と同じでした。しかし、清里の1400mの高地での実証実験と、12年以上の設置
モニタリングから、熱伝導率の高い材料の硬貨で、つららはできないことが実証されています。
盛岡でも実物大模型で野外実験が行われ、頂部の屋根の角度が修復され、床面メッシュ間隔の
変更などべた雪への対応をしました。
また24日にはDECの会議室においてロードキルの勉強会が開催され、小松さん可児さん、
代表理事が参加しました。ツシマヤマネコについては発表でも興味深く、対策や啓発普及には
ニホンヤマネなどの樹上性動物でも参考になる点がありました。

アニマルパスウェイの製作建設ガイドの作成と活用を小田委員長が発表

アニマルパスウェイの現状とガイドブックの内容を説明

香川氏による盛岡北道路のアニマルパスウェイの1年間のニホンリスの利用状況を発表

アニマルパスウェイ設置個所の周辺を説明

パネル展示でもアニマルパスウェイを説明

ツシマヤマネコのロードキルの現状と対策についても発表がありました