11月22日 第2回「広げよう野生動物の歩道橋」シンポジウムを開催しました 

%e8%8b%a5%e6%9e%97%e3%81%95%e3%82%93  

%e5%a4%a7%e7%ab%b9

  %e6%b7%ba%e7%94%b0%e7%90%86%e4%ba%8b%e9%95%b7
 市民環境講座などでおなじみの司会の若林さんの進行でプログラムが進行されました。  開会挨拶(大竹代表理事)  共催者挨拶(淺田キープ協会理事長)
  %e7%9f%b3%e5%8e%9f%e9%83%a8%e4%bc%9a%e9%95%b7   ian2

ian

 後援者挨拶(石原経団連自然保護協議会企画部会長)  絶滅危惧種保全のための市民トラスト(PTES) IANさん  ヨーロッパヤマネの現状と保全対策について
  rodney   rdo   %e4%bd%90%e8%97%a4%e5%85%88%e7%94%9f
 メルボルン大学のRodney さん  世界のインフラと保全、オーストラリアの樹上性動物の現状と保全対策について  福山大学佐藤先生による遺伝子からみた分断の影響について
  %e7%9f%a2%e7%ab%b9   %e9%87%8e%e5%91%82%e3%81%95%e3%82%93   %e5%9c%92%e7%94%b0
 アニマルパスウェイメンバーの矢竹さんによる千葉県下のニホンリスの退行状況について 「 野生生物と交通研究発表会」について、お話し頂く北海道開発技術センター野呂さん  道路生態研究会代表理事で当会のメンバーでもある園田氏
  %e6%b9%8a%e5%85%88%e7%94%9f   %e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab   %e6%b5%85%e5%88%a9%e3%81%95%e3%82%93
 当会会長、関西学院大の湊先生  パネルでは国際協働と教育について  パネラーの浅利さんの北海道の事例などを
紹介

シンポジウムにご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
具体的な報告は後日掲載いたします。   シンポジウム事務局

第2回シンポジウム 広げよう『野生動物の歩道橋』のご案内

『アニマルパスウェイと野生生物の会』では、第2回 広げよう『野生動物の歩道橋』 ~コリドーで繋ぐ森と命~と題し、国連生物多様性の10年日本委員会連携事業としてシンポジウムを開催いたします。今回は、世界の野生生物と交通の現状を『HANDOBOOK OF ROAD ECOLOGY』にまとめられたメルボルン大学のロドニィー・ヴァンダー・リー氏ならびに、森と命を繋ぐアニマルパスウェイを英国で実現した自然保護団体PTES(絶滅危惧種のための市民トラスト)の研究者イーアン・ホワイト氏をお招きし、我が国の現状と対比して、より一層の進展のための情報の共有と意見交換を行いたいと思います。シンポジウムのお申し込みはこちらまで

IENE(infra Eco Network Europ)2016にてポスター発表、アワード受賞

イメージ

LYON第3大学と湊会長

LYON第3大学と湊会長

dsc00587%e5%b0%8f

LYON大学は3ケ所に分かれている。駅に近い本大学でIENE2016は開催された。

IENE2016の案内

IENE2016の案内

ポスター発表会場

ポスター発表会場

ポスター発表する湊会長

ポスター発表する湊会長

ポスター発表は休憩時間と昼食時間に

ポスター発表は休憩時間と昼食時間に(参加した日本メンバー)

ドイツのヤマネの道路横断の話も

ドイツのヤマネの道路横断の話も

休憩時間はひっきりなしにポスター発表を聴いてくれる参加者

休憩時間はひっきりなしにポスター発表を聴いてくれる参加者

なんとポスターアワード受賞、副賞はHANDOBOOK

なんとポスターアワード受賞、副賞はHANDOBOOK

8月30日~9月2日、フランスのリヨンで開催されましたIENE2016に参加しました。世界44ケ国から約450名の参加があり、日本からは7名参加そのうち当会会員は4名でした。国際普及を目的としてアニマルパスウェイのポスター発表を致しました。そして、2件のポスターアワードの内の1件を受賞しました。韓国やタンザニアの方などが大きな関心を寄せていただき、今後の展開が期待されます。