2月23日 第17回野生生物と交通研究発表会にて発表

2月23日 札幌市教育文化会館にて第17回野生生物と交通研究発表会が開催されました。
本会は一般社団法人北海道開発技術センター(DEC)により2002年から毎年開催されており、
数年前からアニマルパスウェイ研究会と当会が共催させていただいております。
なお、当会関連での発表は口頭発表2件、展示発表1件でした。
北海道の方はやはりアニマルパスウェイへの積雪、つららの問題を気にされており、当会の
当初の懸念と同じでした。しかし、清里の1400mの高地での実証実験と、12年以上の設置
モニタリングから、熱伝導率の高い材料の硬貨で、つららはできないことが実証されています。
盛岡でも実物大模型で野外実験が行われ、頂部の屋根の角度が修復され、床面メッシュ間隔の
変更などべた雪への対応をしました。
また24日にはDECの会議室においてロードキルの勉強会が開催され、小松さん可児さん、
代表理事が参加しました。ツシマヤマネコについては発表でも興味深く、対策や啓発普及には
ニホンヤマネなどの樹上性動物でも参考になる点がありました。

アニマルパスウェイの製作建設ガイドの作成と活用を小田委員長が発表

アニマルパスウェイの現状とガイドブックの内容を説明

香川氏による盛岡北道路のアニマルパスウェイの1年間のニホンリスの利用状況を発表

アニマルパスウェイ設置個所の周辺を説明

パネル展示でもアニマルパスウェイを説明

ツシマヤマネコのロードキルの現状と対策についても発表がありました

12月18日 アニマルパスウェイ研究会・情報交換会開催さる

大成建設の会議室をお借りし、20名が参加し、開催しました。
テーマは①第10回IDC出席報告、ワイト島のAPW視察、イギリスにおける野生生物保護活動
の現状について順番に参加された岩渕さん、饗場さん、湊会長にしていただきました。
IDC(国際ヤマネ学会)では3名で4本の発表をされました。アニマルパスウェイについては
湊会長が日本のアニマルパスウェイの報告をされ、PTESのIAN氏もワイト島の状況を発
表されたそうです。会では道路沿いの緑の保全の重要性も話されたそうです。
また、ワイト島のアニマルパスウェイの設置の詳細が良くわかりました。今後参考になる
部分もあると思います。湊会長の留学時のご体験もたくさんご紹介いただきました。
SDGs、生物多様性、ESD、基礎研究、視野の拡大、未来を見据えた対応などの重要性を
強調されました。
②実証用アニマルパスウェイの12年目の検証結果と今後の開発事項について
10月に開催しました実証用APWの検証結果について議論しました。今後の新たな工夫・
開発に役立てることになりました。またAPW製作・建設ガイドに反映させ、ブラシアップ
することとなりました。
③今後の基盤強化プロジェクトの発足について
財政基盤、人財基盤、ネットワーク基盤、研究基盤などの強化を計るため、プロジェクト
を立ち上げ、検討することになりました。

 

9月11日~16日第10回国際ヤマネ学会(ベルギー)に参加しました

当会の湊会長、会員の岩渕さん、饗場さんがベルギー・リェージュ大学で開催された国際ヤマネ学会に出席されました。当会関連としては「アニマルパスウェイの開発の歴史と国際協力の促進」について発表を行いました。その後、英国ワイト島におけるアニマルパスウェイの実際を視察しました。

 アニマルパスウェイの発表
ワイト島のアニマルパスウェイの  視察