文研出版 動物たちを救うアニマルパスウェイ 湊秋作著が発刊されました。

 「動物たちを救う アニマルパスウェイ」(児童書)文研出版 1,400円(税込み1,512円)が発刊されました。

ヤマネの話、アニマルパスウェイの今までの苦労話や事例やイベントなどが紹介されています。
写真はアニマルパスウェイ研究会より多く提供しております。執筆は湊会長です。
6月30日以後と思われますがamazonから入手可能とのことです。
購入の際は本HPのamazonから入っていただくとアフリエイトが付き、当会に一部が寄付されます。
ブックファーストでは児童ノンフィクションという棚で見つけました。

アニマルパスウェイ製作・建設ガイド発行

当会ではこの度「アニマルパスウェイ製作・建設ガイドVer.1」を発行しました。アニマルパスウェイ研究会会員限定配布のため、当会の会員になって頂くと入手可能です。128ページの本で、アニマルパスウェイに関係する世界の樹上性動物のコリドーの紹介からアニマルパスウェイの適地調査、設計
施工、モニタリングについて、実績ををもとに詳しく解説されています。

 

6月12日 第6回総会兼アニマルパスウェイ研究会(情報交換会)開催

6月12日に大成建設の会議室をお借りし、当会の社員総会である第6回通常総会を開催しました。
岩本理事が議長となり、2016年度の実施報告・決算報告、2017年度の実施予定と予算が審議され議決しました。また新たな役員として理事に佐藤良晴氏(株式会社エンウィット)が承認されました。
引きつづき、アニマルパスウェイ研究会が開催されました。冒頭で自己紹介の後、現在ポーツマス
の近くに出張されている湊会長がSkypeにて登場され、現地の様子や研究の状況などを紹介され
ました。その後ゲスト講演者としてお招きしたインターリスク総研の可児里砂氏による「スマホアプリを活用したロードキル対策」の取り組みをご紹介いただき、活発な議論をすることができました。

     
 議長を務めた岩本理事  ポーツマス近くから湊会長  スマフォを活用したロードキル対策について可児先生のご講演