アニマルパスウェイと野生生物の会 | Animal-pathway & Wildlife Association

投稿日時: 投稿者:

一般社団法人アニマルパスウェイと野生生物の会(Animal-pathway & Wildlife Association)は、分断された森林をつなぐ樹上性の野生生物の道「アニマルパスウェイ」の設置および普及と、森林の生物多様性、保全活動を行っています。当会は次世代の子供達など、広く森林の生物多様性保全の重要性を、アニマルパスウェイを通して啓発・教育しています。

注目ニュース

名古屋市東山動物園のアニマルパスウェイ

  アニマルパスウェイを利用するリス(東山動物園提供) 8月16日 春日井の会員の中田さんが、東山動物園に今年3月に設置 →続きを読む

7月28日 NHK Eテレ なりきり!夏のヤマネ 見てね

7月28日(木) 午後3時45分より なりきり! むーにゃん生きもの学園に夏のヤマネが出演 当会メンバーの農学博士 饗場 →続きを読む

DSC00184

6月20日 第5回総会ならびにアニマルパスウェイ研究会・情報交換会開催

大成建設の会議室をお借りし、約30名が参加して第5回の総会ならびにアニマルパスウェイ研究会・情報交換会を開催しました。ま →続きを読む

DSC00136

5月30日 経団連自然保護協議会交流会にて展示・説明

経団連ホールにて約200名ほど参加されていた経団連自然保護協議会の総会、企業・NGOの交流会 に出席いたしました。総会で →続きを読む

道路生態研究会より

1.日本造園学会松本大会について  5月29日(日)日本造園学会松本大会(信州大学松本キャンパス)にて、道路生態学のミニ →続きを読む

毎日わたしたちが使っている道
わたしたちにはたいへん便利なのですが
困っている生き物たちがいることも知ってください

アニマルパスウェイ と野生生物の会

森が分断されると森に棲む動物が行き来できなくなったり、 車に轢かれるロードキルにより動物の命や遺伝子が危うくなります。アニマルパスウェイは、道路や鉄道線路などで分断された森を結ぶ道路上の樹上性動物の通り道(歩道橋)です。当会は、アニマルパスウェイの設置普及により、広く森林の生物多様性保全の重要性を啓発・教育しています。

固定ページ一覧